海外FX入門:サービスプロバイダーの手法を理解することが重要

海外FXを始める際には、日本のFX会社との違いを十分に理解しておくことが海外FX入門の上で非常に重要となります。
FXの対象は国際通貨であるため、国内の会社であっても海外の会社であっても、その取引の対象となる通貨は変わらないのですが、日本と海外とではその仕組みや考え方に大きな違いがあります。
そのためその違いを十分に理解して、効率の良い取引を行うことがより高い利益を上げるために重要となるのです。

日本のFXサービスプロバイダーは主に証券会社やその他の金融機関が行っていることが多く、これらは金融庁が提示する様々な法律の規制を受けています。
その1つが、レバレッジの上限と追証の指定です。
レバレッジはFX特有の取引方法であり、投資金額を指定された倍率によって大きく見せることにより、利益をその倍率に従って受け取ることができる非常に効果的な仕組みとなっていますが、万が一損失を被ってしまった場合には、これに見合った負担をしなければなりません。
必ずしも損失レバレッジの倍率に応じて発生すると言うわけではありませんが、基本的にはこれに近い金額の負債を抱えてしまうことになり、その倍率が高いほど金額が大きくなってしまうと言う仕組みが存在しています。
これを追証と言いますが、日本の法律ではこの追証をなくすことができない仕組みとなっているのです。

そのため国内のFXサービスプロバイダーの場合には、レバレッジを低くしリスクを回避することが必要不可欠となってきます。
金融庁でも日本のサービスプロバイダーの場合にはレバレッジの倍率が25倍を超えないようにすることが定められており、そのために本来のFXのメリットであるレバレッジを最大限に利用した取引を行うことができません。

一方海外のサービスプロバイダーの場合には、追証なしと言う仕組みが一般的となっています。
これは損失が発生した場合でも口座内の投資金額以上の負債を利用者に与えない仕組みとなっており、その不足分をサービスプロバイダーが補填する仕組みが一般的です。
そのため利用者は高いレバレッジを最大限に利用しチャンスを上手につかむことができるようになっており、高い利益を上げることができるのが海外FXの醍醐味となっているのです。

しかしレバレッジを最大限に利用する手法は、サービスプロバイダーに必要以上の負担を強いることにもなるため十分に注意をしなければなりません。
負債の補填はサービスプロバイダーに対し大きな負荷となるため、場合によっては重大なトラブルを招いてしまう可能性があります。

海外FX入門:サービスプロバイダーの手法を理解することが重要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る