FXではスリッページも経費の1つです

FXトレードにはスリッページというものがあります
これは、特にFX初心者の方で多いのですが、いざFXトレードを始めてある通貨を買いました。
そして、予想通りに為替レートが動いたので持っていた通貨を決済しました。
ですが、決済後に約定(注文が確定したという意味)した為替レートを確認したところ、自分が決済したはずの為替レート(取引画面に表示されていた為替レート)とは微妙に違っている為替レートで決済されていました。
ちなみに、この取引画面に表示されていた為替レートと約定された為替レートに違いが出ることをFX業界ではスリッページと呼んでいますが、今回の記事ではこのスリッページについて説明します。
約定時にスリップした!?FXトレードを行っていると、実際に取引画面に表示されていた為替レートが決済したら変わっていたという事がありますは、これは簡単に言えば為替レートがスリップしてしまった事になりますよね?
もっとも、滑ったとも言えます。
つまり、FX会社のシステムで起こりうるこのような現象の事を先程も出てきましたがFX専門用語でスリッページと呼んでいます。
そして、このスリッページですが、要は注文時に表示されていた為替レートと注文約定時の為替レートの差になります。
ちなみに、このスリッページは注文時に発生しますので、決済注文だけでは無く新規での注文時にも起こりえます。
例えば、米ドル円(以下USDJPY)の新規買い注文を100.00円で新規注文したとします。
その後注文が約定しましたが、約定値が100.02円でした。
この場合のスリッページは100.02円-100.00円=0.02円になります。
つまりこの場合には、0.02円=2pips分の損をしたという事になるのです。
※pips→FXにおける為替レートが動いた時の最小単位の事本来であれば、このスリッページは無いに越した事はありませんが、FX相場に急激な動きがあった時には多少なりともスリッページが発生する事を覚悟しておいた方が良いです。
特に、大きな経済指標(米雇用統計や各国のGDPなど)の発表時には、FX会社によってはスリッページが頻繁に起こる場合がありますので注意が必要です。
ただ、このスリッページはFX会社が使っているシステムの強弱によるところが大きいので、FX会社を選ぶ際にはそのFX会社が使っているシステムが強い(安定している)のかも確認した方が良いです。
とは言っても、これは経験上絶対にスリッページが起こらないFX会社は見た事がありませんので、FXで稼ぐためには多少なりともスリッページは避けて 通れないものだと思った方が良いでしょう。

FXではスリッページも経費の1つです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る