FXトレードにおける通貨の種類について

FXトレードで扱える通貨は複数あります
FXトレードでは、各国の通貨を選んでトレードを行っていく訳ですが、この通貨の中にはメジャーな通貨(例えば米ドルやユーロ、ポンドなど)やマイナーな通貨(例えばランドやトルコリラなど)など、さまざまな種類があります。
ただ、FXトレードでは各通貨によって独特の動きをするものもあり、FX初心者の方の場合はある程度取引通貨を絞ってトレードした方が結果が良くなる可能性があります。
例えば、ポンドは動きが他の通貨と比べて激しいとか、ランドは他の通貨に比べて動きが緩やかだとか、各通貨によって特徴があるのです。
しかし、それ以前に取引通貨の種類や通貨の呼び名(FX専門用語)なども覚える必要がありますので、今回の記事ではFXトレードにおける取引通貨について説明します。
FXでは通貨の呼び名があるこれは、FXだけでは無く金融商品全般で言える事ですが、各通貨には独自の呼び名があるんですよね。
例えばUSDJPYでは米ドル円となり、EURUSDではユーロ米ドルというように、各通貨ごとに呼び名があるのです。
ちなみに、メジャーどころの通貨では、GBPJPYはポンド円、AUDJPYは豪ドル円、NZDJPYはNZドル円、CADJPYはカナダ円、CHFJPYはスイスフラン円という呼び名があります。
そして、FXトレードでは、基本的にUSドル(米ドル)を中心として各通貨の取引単位が決められています。
例えば、GBPJPYの場合、ポンドと米ドル、米ドルと日本円という感じで、米ドル(円)を掛け合わせて(クロスさせて)人工的に作られた為替レートになっています。
例:GBPJPYの計算式GBPJPY 114.540USDJPY 119.88GBPUSD 1.5466この場合のGBPJPYの算出方法は、GBPUSD=1.5466×USDJPY=119.88≒185.40(=は185.4064…)となるのです。
FX初心者の方の場合、最初は難しく考えてしまうかも知れませんが、慣れてしまえば簡単な計算式になります。
とは言っても、わざわざこんな計算をしなくてもFX会社の取引画面を確認すれば、各通貨の為替レートはすぐに分かります。
ちなみに、FXトレードではUSDJPYを介して交換が行われている、先程のEURJPYやAUDJPY、GBPJPY、CADJPYなどの通貨ペアをクロス円と呼ばれています。
一方、USDJPYやEURUSD、EURCHF、EURGBPなどの通貨ペアをストレートペアと呼ばれており、米ドルが絡んだ通貨ペアの事をドルストレートと呼ばれています。
例えば、USDJPYやEURUSD、GBPUSDなど、USDが入っている通貨ペアの事になります。

FXトレードにおける通貨の種類について
トップへ戻る